みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ドラゴンクエスト最高傑作は

ドラゴンクエストの最高傑作はⅢかVかみたいな議論があります(たぶん)。

どっちも甲乙つけがたいんですが、発売当時のインパクトで言えば間違いなく『ドラゴンクエストⅢ』でしょうね。

社会現象っていう言葉が大げさじゃなくて、当時小学生だった者としては、猫も杓子もドラクエⅢみたいな感じはほんとにすごかった。

 

f:id:sakyuutarou:20211227232309j:plain

 

 

 

ただ、リメイクも含めたロングラン作品、長く愛された作品としては『ドラゴンクエストⅤ』のほうが上だと思います。

このブログでも何度も書いてる通り、1992年の発売当時のインパクトとしては、スクウェア系の作品に押されて、あまり強くはなかったですからね。

 

この作品が化けたのはリメイク版。

プレイステーション2版で、地味だった演出が一気に豪華になって、『ドラゴンクエストⅦ』由来の仲間会話システムができて、それでだいぶ評価が変わりました。

 

 

そしてニンテンドーDS版で、さらに難易度を下げて遊びやすくした上に新キャラのデボラを追加。

デボラ自体はそんなに人気なキャラじゃないと思いますけど、どうしようもなく重い選択の緊張感を緩和してくれる意味では貴重でした。

特にニンテンドーDS版がきっかけで、世代を超えて普及した感じはありました。

 

短距離走なら『ドラゴンクエストⅢ』、長距離走なら『ドラゴンクエストⅤ』。

という感じで、両者に優劣はつけがたいですね。

 

ちなみに、この偉大な二作品に挟まれた『ドラゴンクエストⅣ』は、当時から実験的な色彩の強い野心作という感じで(賛否両論、しかし当時としては新しすぎたAIバトル)、これはまた独自の位置づけが必要な傑作だと思ってます。

なので、ドラゴンクエストは『Ⅲ』『Ⅳ』『V』が黄金時代だと、今でも思ってます。