読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ブックオフの赤字報道

時事 日常

ブックオフ、赤字らしいですね。

 

まあ高いですよね。

しかも何か満遍なく高い。

 

100円コーナーとかには相当古い本しかなくて、最近の本だと全然値引きしてないですからね。そりゃ売れないで在庫溜まるわと。

 

例えば、定価2600円くらいの歴史本を、面白そうだなと思って手に取ったら、お値段1960円ですよ。

そんなんなら気分よく新品買うか、あるいはAmazonで買うわと。

中途半端な値付けなんですね。特に新しい本は値引きが500円~1000円くらいしかない。

 

おそらくは安く買って高く売る「せどり」と呼ばれる転売を警戒してるんでしょうけど。

でもそんなん気にしてたら値引きできないし、大胆な値引きがないならわざわざブックオフに行く必要もないし。

 

近所の古本屋さんなんか、ある程度高いのもあるけど、Amazonで1万円越えするような本を(レア物なんですね)、2000円~3000円で売ってることがあります。下取りでもいちいちリサーチしないで店主の目利きだけ。

そういうところであまり見ないのを買ったときに、後でネットで見て案外値段高いと得した気分にはなる。でも、転売なんかしませんけどね。大多数の、普通の本好きはそういうのは手元に取っておくと思うので。

 

厳格な管理システムをやめて、商品値付けをある程度は各店舗に任せてみるとかすればいいと思うのです。

そうすれば意外なところで意外な商品が安くなってるかもしれない。

それが楽しみで店に行くことも増えるだろうに…と、素人経営論でした。実際には大変なんでしょうけどね。

 

 

広告を非表示にする