みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

コロナウイルス禍8(マスクと資本主義)

もしコロナウイルス禍が短期に収まるものなら、一時的な利益を狙う転売禁止とかは理解できるんですよね。

ただ、長期化するなら転売禁止はかえって逆効果になるような気もしてます。

 

マスクの需要が高まれば価格も高まるわけで、単純に販売価格を上げれば良く、低コストでそんな高く売れるものなら、うちもマスク作ろう、とか、マスクを大増産しよう、とか、マスク作ってたり卸したりしてる会社の株を買おう、となるんじゃないかなと。

販売価格を上げれば転売の利益も下がる。

問題が長期間続くならしばらくマスク需要は高いままなので。

 

コロナウイルス問題発生前と同じ価格据え置きじゃ誰もマスク増産しようなんて思わないですよね。

国がいくら命令したって、会社潰す覚悟で増産する人なんかいないはずで。

 

マスク転売禁止は人道主義的なようですが、コロナウイルス問題が長期化するなら、むしろ価格つり上げとか転売もある程度OKにして、その代わり利益を狙った業者がマスクを増産しまくることに期待するほうがむしろいいのでは、と思うんですけどね。

資本主義に期待しすぎかな。


でも、クーポン配るくらいならマスク製造に助成金出したほうがいいと思う。