みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

旧約・女神転生Ⅰ・Ⅱ

女神転生シリーズの記念すべき第1作、『デジタルデビル物語 女神転生』。

1987年にナムコからファミコンソフトとして発売された同作と続編『女神転生Ⅱ』を、独立したアトラスがスーパーファミコン向けにリメイクしたのが『旧約・女神転生Ⅰ・Ⅱ』です。

旧約・女神転生Ⅰ・Ⅱ』は長らく積んでましたが、最近遊び始めてみました。

 

デジタルデビル物語女神転生

デジタルデビル物語女神転生

  • 発売日: 1987/09/11
  • メディア: Video Game
 

 

旧約・女神転生

旧約・女神転生

  • 発売日: 1995/03/31
  • メディア: Video Game
 

 

以後シリーズ作品や派生作である『ペルソナ』シリーズにもたびたび引用される「ナカジマ」と「ユミコ」のモチーフはこのゲームが始まりです。

 

女神転生』のクリア経験は1回だけ、ファミコンでもスーパーファミコンでもないガラケーアプリ版でした(社会人初期だったかな?)。グラフィックはスーパーファミコン版は格段に綺麗で、遊びやすさも増してます。

ただ、とりあえず難度は高いです。ファミコン版と比べればマシとのことですが、それでも難しい。

とりあえず主人公(ナカジマ)は強さ(力)、ヒロイン(ユミコ)は知力を伸ばすのが鉄板です。

 

ストーリーがある程度進むと、迷宮と迷宮を自由に移動できます。

つまり普通は迷宮A→迷宮B→迷宮C→迷宮D→迷宮Eのように回るところですが、

女神転生』は迷宮A→迷宮B→迷宮Eのように行くことも可能なわけです。

いきなりラストダンジョンも行けてしまうわけですね。

でも、当然敵がめちゃくちゃ強い。

それでも、味方5名全員防御で、最後衛のユミコの知力を最大まで伸ばして習得した「ハンマハン」(神聖魔法)を連発して敵を一掃したら一気に3レベルアップしました。

これでレベル上げして迷宮Cの探索をラクにしてもいい。

こういうところ、工夫の余地が大きくて楽しいです。

とりあえず最初から攻略情報見ながら遊ぶような慎重派のゲーマーな方にお薦めです。

攻略情報なしでクリアできたら結構すごいと思います。