みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

みちのく砂丘的動画ランキング2018

では、年一回の個人的なお気に入り動画(主にJ‐POPと洋楽)の10選+αです。


2018と銘打っていますが、一年間(2017/9/10~2018/9/12)にこのブログで紹介した曲やMVが対象になりますので、最新MVばかりではなく、古いのもあります。


前回

みちのく砂丘的動画ランキング2017 - みちのく砂丘Ⅱ



ランキングなんて大仰な命名ではありますが、実際のところは客観性はなく、順位はお気に入り度と繰り返し視聴した回数で決めてます。

必ずしも世間の評価とは一致しないと思いますが、気に入った曲&MVということで。


10位から1位までの10曲+番外2曲です。10位から昇り順でいきます。

 

 

 

10位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=_Z38lYojUI8

 

まずは元気に。映像効果をあまり使ってないけど躍動感を出せているのはすごい。

 

 

 

9位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=ondvtvKiyvo

 

ちょっとひそやかに。「残念なイケメン」感が見事に出ています。

 

 

 

8位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=o3TuUSujzU4

 

こちらは「リア充」感ありありですね。普通にかっこいい曲とMV。

 

 

 

番外2

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=ueIZo7ALyVQ

 

なぜ番外かと言うと今年(度)よりかなり前に知った曲だからですね。もっと売れてほしかった。

 

 

 

7位

https://www.youtube.com/watch?v=j4I-8Hu62To

 

非公式動画ですが、何か良い感じの動画だったので、この順位。実は音と映像が別なんですが、すごい自然だなと。

 

 

 

6位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=3uI9Hh26OTs

もしYoutubeで見られない場合は、こっち(下のリンク先↓)だと見られるかも。

http://sakyuutarou.hatenablog.com/entry/2017/10/01/205649

 

今回の主演女優賞(?)的な感じです。演技の上手さ、画面構成の映像美に感動しました。

 

 

 

5位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=D8w3aSIeOqM

 

こちらは今回の主演男優賞(?)的な感じです。よくよく見ると、視線の運び方の違いとか、演技上手いですね。

 

 

 

4位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=uSFdckpwXQc

 

最初で「えー、このノリ?」という感じでしたが最後まで見て納得。何だかんだで「さすが」と思いました。

 

 

 

番外1

https://www.youtube.com/watch?v=Y0tbJ6ZH4qo

 

この動画も、曲自体はだいぶ前に知ってたので番外ですが気に入ってました。何か懐かしい感じがします。

 

 

 

3位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=dZa1KmTDW9g

 

割と最近記事にした曲ですが、実はかなり気に入って何度も視聴してました。曲もビジュアルも、何かこう、整ったものをさりげなく崩してるのが上手くて、ハマりました。

 

 

 

2位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=98CYvQOtxo8

 

この曲自体も良い曲ですが、特にこの時のバージョンが最高の出来だと思います。洗練されてないって評価もあるようですけど、気迫が乗っていて、芯に響く歌唱という感じがしました。

 

 

 

1位

(公式動画)

https://www.youtube.com/watch?v=hLv5MBuSYDY

 

このタイプの動画にしては異例なほどの再生数と高評価。誰が見ても完成度の高さがわかるからでしょうね。もともとファンでもなかったのですが、この動画は何度見返しても完璧でした。というわけで、これが今回の1位。

 

 

 

そんなわけで、今年も恒例のランキング(というかお気に入り集)でした。

いつも書いてますが、来年ものんきにこういう企画ができるといいなあと思いつつ。

当ブログをご覧いただいている読者の方にいつも感謝しております。

今後とも(お暇なときには)当ブログをよろしくお願いいたします。