みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦

久々に見てみました、映画クレヨンしんちゃんシリーズ。

第19作、2011年の『クレヨンしんちゃん 黄金のスパイ大作戦』。

 

 

 

まー、そんなに面白くはなかったかなー…。

「オ〇ラ」がテーマなのでそんなに上品な話じゃないんですが、それが気に入らなかったわけではなく、題名からしてドキドキ感の高い潜入シーンや派手な戦闘シーンを期待していたんですが、そこまでアクション要素は強くなかった。

何か、ヒロイン役の女の子のしっかり感を出すためだと思いますが、しんちゃんが本来緊迫したシーンでも真剣みの無いおふざけを繰り返すわけですが、風間くん達じゃないのでツッコミ不在なんですよね。

なのでしんちゃんが他作品より間抜けなのです。そのせいで、敵も全体的に間抜けにしてバランス調整するほかなかったのかも?と思いますが、スパイってのはそもそも正面から立ち向かっても勝てないからこそ意味があるのであって、もうちょっと強敵感出せばドキドキ感があって良かったんじゃないか、とも思いました(えらそう)。