みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

法月綸太郎の冒険

これも最近読みました、法月綸太郎法月綸太郎の冒険』。

 

法月綸太郎の冒険 (講談社文庫)

法月綸太郎の冒険 (講談社文庫)

 

 

90年代前半の小説だけあって、さすがに今読むと古さを感じますね…。

しかも前半は全体的に後味がめちゃくちゃ悪かったり残虐な事件が多くて、後半はうって変わって図書館での蔵書をめぐる日常生活の中の事件とか軽くなるのが何だか。

バランスとろうとしたのかなあ。