みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

雪の女

フィンランドの作家、レーナ・レヘトライネンの推理小説

警察官マリア・カッリオが活躍するシリーズ第4弾、邦訳としては第1弾のようです。

原作はフィンランド語ですが、第3弾までは日本語訳がないようですね。

 

雪の女 (創元推理文庫)

雪の女 (創元推理文庫)

 

 

女流作家ならではというか、女性の登場人物の描写が美化しすぎずドライな感じです。

 

これ数年前に購入して以来、ずーっと、読もうと思いつつ、ちょっと読んでは止まり、を繰り返してました。

何か前半けっこう退屈な感じではあるんですね。

後半は一気にスピードアップします。

そんな感じで何とか読み切りました。