みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

過去問チャレンジ その8 法政大 国語[法(国際政治)・文(英文・地理・心理)・経営]2013年

全然ブログを更新する余裕がなかったのですが、久々にやってみました。

記述式も自己採点ですが、自分に厳しく、ほぼ完全正答じゃなければ不正解としました。

(こういうのやってみると、改めて学力共通テストの記述式なんて無理だと思いますね)

 

 

構成は現代文2題に古文1題、そして漢字知識1題。

国語なら自信あり、と思っていたのですが…。

結果。

 

現代文1問目 経済で中国に追い抜かれた日本と成熟社会について

7問中2問正解

 

現代文2問目 心身二元論に対する批判的検討

6問中3問正解

 

古文 新井白石折たく柴の記

12問中7問正解

 

漢字知識

12問中10問正解

 

問題数は古文とかのほうが多いですけど、現代文の配点が高いはずなので、総合計の算出はしません(意味ないので)。まあ、5割は切ってるでしょうね。

 

現代文が難しかった…。

それとも読解がテキトーすぎるのか。

前にも書いてますが、さすが法政大学のレベルまで来ると、文章の趣旨に合ったものを選べという問題でも、選択肢が非常に選びづらいですね。どれも正解に見えてきて、フィーリングにだけ頼った読解では外しまくります。

国語なら自信あり、とか言ってすみませんのレベルですね。