みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

黒祠の島(再読)

かなり前に 一度読みましたが、忘れていたので再読しました。

小野不由美『黒祠の島』。

 

黒祠の島 (祥伝社文庫)

黒祠の島 (祥伝社文庫)

 

 

前に読んですごくおもしろかった記憶があったんですが、もう一回読み直してもやっぱり面白かった。

登場人物が多いので、人物関係が覚えづらいところが玉に瑕ですけどね。

家系図を作りながら読むのが良いかもしれないです(そこまでは面倒だったのでやりませんでしたが)。

 

小野不由美といえば代表作は『屍鬼』ですが、人智を超えた現象が前提の『屍鬼』とは違って、こちらは基本的には人の業です。

読後感はそんなに悪くないので、『屍鬼』を読む前の入門編としてはいいかもしれない。