みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

宿命と真実の炎

貫井徳郎先生の西條輝司(こうじ)シリーズ第2作、『宿命と真実の炎』。

実は、第1作『後悔と真実の色』はまだ読んでないのですが、以前にkindleでセールやってたのでとりあえず買ってみて積んでいたのでした。

 

 

面白かった。

以前に同作者の『妖奇切断譜』を読んだときは、京極夏彦のパ〇リみたいでイマイチだなと思ったのですが。

貫井徳郎先生は、デビュー作の『慟哭』もそうでしたが、現代を舞台にした、特に警察小説が真骨頂という感じがします。

心理描写、特に警察内部のやり取りの心理描写が上手い。階級とか未だに残る男女差別とか。警察にいたことがあるのか、それとも親が警察官だったりするのかわかりませんが、とにかく緻密でした。

 

動機がちょっと強引、終盤の展開もちょっと強引な気はしましたけど、全体としては非常に文章が上手いのであまり気にならなかった。

第1作もそのうち読んでみるかなー…。