みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

第100回全国高校サッカー選手権 決勝

関東第一の準決勝辞退(コロナ)は残念でしたが、全体としては面白い大会でした。

関東第一は本当にかわいそう。経済を回すとかいう大人のせいで…ですね。

 

さておき、ひそかに青森山田高校を応援してましたが(前回記事参照…応援してた理由は2016年1月の記事にあります)、今日の試合は良かったです。

 

前回記事

第100回全国高校サッカー選手権 地区予選 - みちのく砂丘Ⅱ

 

新年明けまして(2016) - みちのく砂丘Ⅱ

 

強かったですねー。

高校サッカー選手権をまともに見始めたのは社会人になってからなので昔は知らないのです。ですので歴代最強、かどうかはわからないけど、歴代最強クラスではありますよね。たぶん。

 

高校の時とかは自校のサッカー部にイヤな奴がいたりすると何かそいつらのイメージでサッカーを見てしまうので(全員じゃないですけど、まあ人数多いから何人かは苦手なのがいたりしますよね)、イマイチ楽しめないところはありました(今でいう「陰キャ」でしたので…嫌な呼称ですが)。

いい年のオッサンになって陽とか陰とか気にしない年代になると、何でも気にせず見ることができて、この辺は大人になることの効用ですね。

 

閑話休題。

前評判といい、試合が進むごとに強さの片鱗を少しづつ見せていくあたりといい、まさに漫画やゲームでいう「ラスボス」の風格でした。東山高校は競ってましたけど、あの時まだ100%じゃなかったような感じだったので。

最後、シュート0封で終わらせようとしていて、4点差で勝っているチームとは思えないくらいの運動量で走ってましたね。

いやそこまでやらなくても…と思うくらいの徹底した勝利を求める貪欲さ、必死さが素晴らしかった。

接戦ではなかったですけど、これはこれで面白い試合でした。