みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

シャダム・クルセイダー 遥かなる王国(クリア・攻略ネタバレ)

寒風の中ウォーキングしたせいでうつらうつらとしながらですが、クリアしました。

今年初めころに大幅に進めて、その後積んでいた『シャダム・クルセイダー 遥かなる王国』。

3DSのバーチャルコンソールです。

 

前回記事

シャダムクルセイダー 遥かなる王国 - みちのく砂丘Ⅱ

 

終盤はプレステ1以降のゲームに慣れた身からすると結構歯ごたえのあるバランスでしたが、攻略サイトと、回復が実質無限なので(後述)、何とかクリアできました。

まあスタンダードなRPGという感じでした。

 

なかなか新鮮だったのがステータス以上の「毒」が他のゲームと比べてかなり強烈なことで、4ターンか5ターン治療せずに放置すると残りHPを問わず戦闘不能になるんですね。ただ、敵も同様なので、毒を用いた攻撃はけっこう強いです。この辺はアラビアン・ナイトっぽい。

 

主人公パーティ。絵柄(ドット)が丁寧ですね。女性不在という、和製RPGとしてはけっこう珍しい構成です。今ならたぶん、魔人は女神とかに差し替えでしょうね。

 

 

パーティ編成も独特で、人間は魔法が使えません(現実的には当たり前ですが)。

攻撃・回復・補助の魔法は全て魔人が担います。

魔人は見た目に反して耐久力が非常に低く力も弱いので(煙の魔人なので当たり前ですが)、物理攻撃は人間メンバー3人が行い、魔人は回復や補助で補佐するようなかたちになりやすいです。

ダンジョン探索の途中で魔人のMPが尽きたらどうするんだということですが、「ハワルタート」という魔法で魔人だけを戦闘から離脱させると、戦闘後にMPが少し回復しています。なので、敵を倒せる目星がついたら魔人を離脱させてこまめにMPを回復させる。これが終盤の基本戦術になります。

 

人間メンバーはそれぞれ一長一短で、

王子(主人公) - 腕力高い、体力中くらい、素早さ低い

シンドバッド  - 腕力とても低い、体力高い、素早さ高い

シート     - 腕力やや高い、体力やや低い、素早さ中くらい

という感じなので、それぞれのキャラに合った立ち回りが必要になります。

シンドバッドは、敵に毒を与える「どくどくソード」(ネーミングが…)が終盤で手に入ると、けっこう活躍してくれます。

 

普通のRPGがなくアラビアン・ナイト風RPGという珍しいジャンルを押し出したのは(商売的に成功したか否かは別として)流石にセガです。