みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

痙攣的

 

痙攣的 モンド氏の逆説 (光文社文庫)

痙攣的 モンド氏の逆説 (光文社文庫)

 

 

ずっと積んでたけど読んでみました、鳥飼否宇の『痙攣的 モンド氏の逆説』。

 

噂通りのバカミスでしたね。殊能将之黒い仏』を思い出すなあ。

短編を繋ぎ合わせた連作集で、最初のほうはまだマトモなんですよね。

4作目あたりから飛躍的にバカ度が高まっていき最後は…、という感じです。

 

個人的には3作目の「神の鞭」が、少々無理あるけど伏線もあるし展開もちゃんと推理小説してるしで好きなんですけどね…。そのまま終わらせてくれないのが良さであり欠点でもあり。

どんなオチでも怒らない人向けですね。

 

広告を非表示にする