みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ドラゴンクエストⅥ(アプリ) その1

スーパーファミコン版が終盤付近、一番最後の街の直前当たりで止まってしまっていますが(なぜかいつもこの辺でモチベーションをなくす…)、アプリ版を遊び始めました。

 

アプリ版は、基本的には2010年のニンテンドーDS版準拠です。これもたしかクリア直前で止まったような。

 

ドラゴンクエストVI 幻の大地

ドラゴンクエストVI 幻の大地

  • 発売日: 2010/01/28
  • メディア: Video Game
 

 

前回記事

ドラゴンクエストⅥ その3 - みちのく砂丘Ⅱ

 

まあ良いゲームなんですよね。

何度かけっこう批判的に書いてきてますけど。

世界の秘密がわかり始めるところの展開とかは、非常に良い。

 

でも肝心の戦闘面がやっぱりなあ…と思っちゃうところがある。

ハッサンがいないとクリアできないくらいハッサンの存在感があるのは、リメイクの時にもう少し何とかならなかったのか。

大抵の人が武闘家経由でバトルマスターかパラディンにするだろうし。「回し蹴り」と「正拳突き」があるかないかで中盤から終盤のバランスが全然違います。

強さ的な意味で主人公の存在感が全然ない。

「ギガスラッシュ」という最強技があるんですが、コスト的には「回し蹴り」とかのほうが優秀なんですよね。

 

FF6では、ストーリー上必須のところを除けば、マッシュ(武闘家)がいないとクリアできないなんてことはなかったと思うのです。

そのあたりはもうちょっと工夫してほしかった。

 

とかネガティブなことを書きつつ、世界観とかはかなり好きなので、今度こそクリアを目指してサクサク進めていきたいと思います。