みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

リトルラバーズ シーソーゲーム

これ一回挫折して、ものすごく長い期間積んでたんですけど、最近もう一回やってみてまた挫折しました。1999年9月2日発売のゲーム。

 

高校を舞台にした青春…すごろくゲームです。

大体の要素がルーレットの目押しで決まるんですが、イージーモードとかないので、難しいです。ルーレットの速度がめちゃくちゃ速い。

 

 

主人公とヒロインの1対1じゃなくて、主人公と友人(ライバル)3名が順繰りにルーレットを回しながら進んでいきます。

1人で遊ぶ場合、友人(ライバル)3人はコンピューターになるのですが、コンピューターの目押しはきわめて正確です。そりゃそうだって話ですけど。

こっち人間なんで、もうちょい手加減していただけませんか?と言いたくなるくらい正確。

 

あと、画面に合わせてボタンを押すスポーツテストとか、早押しクイズとなる定期学力テストもけっこうな難所です。

特に学力テスト。

このテのゲームの学力テストなんて、どうせ子供だましレベルでしょ?と高をくくって挑んだら、いきなり

 

「コンクリートは真空中で固まるか?どのような条件があれば固まるか?」

 

とかいう文系ごろしの4択問題。

1999年当時にスマホ検索の出現を予見してたわけでもないとは思いますが、「早押し」なので、調べてる暇はありません。

そんな問題にも余裕で回答してしまう友人(ライバル)達。

設定上は脳筋なはずの友人まで回答してるし。だからコンピューター強いって…。

 

イラストの雰囲気とか音楽はハイレベルだし、声優さんが当時の豪華声優陣なのはとても良いんですけど。これ最後までいけるのかちょっとわかんないですね。

コントローラー買って4人分とも自分でやれば何とかなるか…とかセコいことを考えたりもしてます(でもコントローラー買うのめんどいので多分やりませんが)。