みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

創文社の電子書籍

創文社っていう出版社は、現在では解散したみたいですね。

文系の学生だった方にはもしかしたら見覚えのある出版社かなと思いますが。

 

最近知って驚いたのですが、何と創文社の本が「創文社オンデマンド叢書」ということで500冊くらい、電子書籍になっています。

お値段もお手頃に…はなってないですけどね(笑)。5000円~20000円くらいで、そこはあまり手加減されてないです。

 

 

これ懐かしい。

この本は持ってなかったし、多分読んでも理解できなかったけど、ある時期に東北大学の特に法学部生だった方には見覚えがあるのではないかと…文系生協とかで。

大学生の財政で難解な本に1万円近くっていうのは、まあ手が出ないですね。

先輩から譲り受けるのが正解だったのかもしれませんが、大学時代はあまり社交的ではなかった上に法理学を履修してる方自体が割とレアだった記憶です。

読んでも理解できなさそうなこの本は買わないとしても…。

何か一冊くらいは買いたくなるなあ。

こういう復刻は良いですね。