みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

金田一少年の事件簿 銀幕の殺人鬼

『金田一少年の事件簿』の第21作目「銀幕の殺人鬼」。

この頃の作品はマンネリ化していたころで、良いのもありますが悪いのもあります。

「銀幕の殺人鬼」は悪いほうですね(笑)。

 

でも、スピンオフ『犯人たちの事件簿』を面白く読みたいので(表紙自体がネタバレなので必ず本編を読んでから検索がお薦めです)、「魔犬の森の殺人」「露西亜人形殺人事件」と一気読みしました。

 

 

正直、これが連載されてる頃はまともに読んでなかった気がする(受験生やってたか大学生やってたか…忘れましたけど)。

久々に読み返しても、やっぱりイマイチでした。

メイントリックが無理ですよね。難しいとか意表を突くとかじゃなくて「無理でしょ」と思ってしまう。

あと1つ目の事件、トリックとかじゃないけどその発見させ方は物理的に無理だろと思いました。

 

ただ、これらの点も含めて『犯人たちの事件簿』ではものすごく面白いです。

『犯人たちの事件簿』は、本編の無理がある部分をちょっと面白くパロディにするところがあるから、本編がイマイチだったり理不尽だったりするエピソードほど面白くなっている気がします。