みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

コロナウイルス禍 その38(宮城が少なくなったのは)

宮城県の感染者数が少し減ったようだけど全然油断できないですね。

 

ほかの県もそうなのかもしれないけど、コロナの相談ダイヤルはコロナっぽい症状の一部が出てるだけじゃダメで、「症状ほぼ全部出てる+感染者との濃厚接触有り」という、ゲームの隠し最強武器の入手条件か何かと見間違えそうなくらいの厳しい条件じゃないと相手にしてくれません。

 

あとはク〇高いPCR検査費用。

ちょっとコロナ心配だから受けてみよう、ってレベルの金額じゃないわけです。

ある程度稼ぎのある人ならともかく、普通の人は誰も月収の5分の1くらいを吹っ飛ばして、さらに収入が減るかも、っていうか場合によっては(人間関係的な意味で)職場にいられなくなるような検査を進んで受けようとは思わないですよね。

 

…まあ、実は1か月くらい前に受けてみましたけどね。

移動が重なった時期な上に、朝起きたらちょこっとだけ喉が痛かったので、もしやと思ったので。

最近ちょっと働きすぎたかな?という以上のだるさはなかったし、食欲も味覚嗅覚もありましたし、平熱でしたので、当然のように相談ダイヤルでは「心配なら自費PCR受けてみては」くらいしか言われず、やむなく自費で受けてみました。

人との接触を避けつつ過ごし、翌々日に伝えられた結果は無事「陰性」でした。

まあ高かったけど安心料みたいなものかなーと思いつつ(けっこうそうやって受けに来る人多いみたいです)、こんなんじゃ検査受ける人が少ないわけだ、と思いました。