みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

ファイナルファンタジーⅥ(SFC)その2

だいぶ終盤まで進めました。

ロックがいた場所も思い出したし、ティナも仲間にできたし(いずれも、テレビの画面でなければイマイチ気づきづらい場所でした)。

あとは、ラストダンジョンに乗り込むだけです。

 

ファイナルファンタジー6

ファイナルファンタジー6

  • 発売日: 1994/04/02
  • メディア: Video Game
 

 

前回記事

ファイナルファンタジーⅥ(SFC)その1 - みちのく砂丘Ⅱ

 

攻略情報を知っているか否かで攻略難度が天と地ほど分かれるゲームですね。

 

特に「アルテマ」の魔法が強い。

初心者救済策なのかな。とりあえず後半戦は魔力を上げて「アルテマ」をぶっ放しておけば何とかなる感じではあります。

MPが減ったら「アスピル」で補充可能だし、実質無限使用。

有名な裏技「バニシュ&デス」は使わないのですが、マランダ南の砂漠でサボテンダー狩りをして魔法を習得させ、さらにセリスとリルムの魔力を魔石ボーナスで上げまくったので、ほとんどの強敵を「アルテマ」でゴリ押ししており、実質チートに近いですね。

なお、ティナは本来は魔法系キャラですけど、力を上げてます。

ほんとは「バリアントナイフ」を使えるロックが適任の多数回攻撃役を、ティナに任せてる感じです。最強武器二刀流で敵をなぎ倒していくヒロイン。

これに限らずですが、ステータスをカスタマイズ可能なときは本来の魔法キャラを白兵戦キャラに仕立てたりするのが好きなんですよね。

同じ6でもドラクエⅥはミレーユに雷鳴の剣を装備させたりはできなかったのが不満(仮にバトルマスターに育ててもあまりメリットがない)。

 

マッシュは、以前に遊んだ時はエースでしたけど、今回は使ってないなあ。

理由は、自分で応急修理したとはいえスーパーファミコン(実機)のコントローラーの反応が完璧ではないので、「夢幻闘舞」が出せないからです。