みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

センチメンタルグラフティ2 その1

ドリームキャストで遊んでみたかった3本のうちの2本目。

ある意味で伝説となった「暗黒太極拳」こと『センチメンタルグラフティ』の続編、『センチメンタルグラフティ2』です。

これもドリームキャストでしか遊べません。

前にもどこかで書きましたが、『2』のオープニングも、前作主人公の葬儀から始まるという、これまた伝説級の内容です。

全国12股の報いなのか(2018年のセングラ20周年記念イベントで制作陣の一人が、前作主人公は実は海外を放浪中であり、生きているという話をしたようですが)。

 

前回記事

センチメンタルグラフティ その6 - みちのく砂丘Ⅱ

 

まだ序盤ですが、ゲーム内容のほうは、「高校生なのに休日はバイトと野宿をしながら飛行機・電車や深夜バスを駆使して全国12の都市を駆け巡る」というハチャメチャな内容(意図してそうしたというより、制作会社の限界と納期の限界でそうなった感じ)だった前作と比べると、だいぶ穏当になってます。

 

『2』の主人公は20歳の男子大学生。街を散策して、ヒロイン達との出会いを見つけていくことになります。

 

メインフィールドはこんな感じ。

 

f:id:sakyuutarou:20210703112429j:plain

 

フィールドは一つの街だけあってちょっと広いので、イベント(オレンジ色・黄色・緑色のマーク)を探して回るのが人によっては面倒に感じると思います。

しかし、個人的には、時間を持て余して街をブラブラ歩く感じが、いかにもな大学生活という感じなので、嫌いではないです。

まったりと過ごす大学生活、という感じは『リフレインラブ2』に近いかもしれない。

 

そして、前作では全国12の都市に散らばっていた前作主人公の12股の被害者たちヒロイン達が全員成人し、ある者は女子大生として、ある者は編集者として、ある者は保育士として、何の因果か、一つの街に集結しています。

でも、ほぼ全員、最初は暗いんですよね。

まあ12人全員とも共通の想い人を失ったわけなので当然ですが、この暗さは当時から批判が大きかったようです。

 

ちなみに、青森のヒロインだけ、前作と声優さんが交替しています。前作の声優さんは岡田純子さんという方で、声優一本ではなく舞台とかナレーション関係のお仕事をしておられた方のようです。

これは、インターネット上の有力な噂によると、青森のヒロインの声優さんだけが「前作主人公が死んでしまう」という続編の構想に賛同できず、降板したとのこと。

たしかに、前作を遊んでると、声優さんの演技が一番風格があるというか、上手くて気合が入ってるのが青森のヒロインだったので、何か分かるなあという気はします。

 

 

f:id:sakyuutarou:20210703112843j:plain

 

これは上の画面と同じ交差点に夜に行ったとき。

前作ではスポーツ大好きの溌溂少女だったヒロインが、画面左の渋いプールバーでグラスを傾けていたりするのは、制作陣が意図したか否かはともかく、時の経過を感じさせます。

 

前作もまだ12人全員のシナリオをクリアしてるわけではないので(札幌、青森、横浜、金沢、広島はクリアしました)、並行して遊んでいこうかなと。