みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

理由

1998年のベストセラーにして直木賞受賞作。

大学時代は、何か難しそうだなと思って、読まなかったですね。

法学部生のくせに、難しいのは嫌いだった。

その後もちょっと読もうとして序盤で挫折したような。

 

当時はやっぱり森博嗣とか京極夏彦みたいな、いかにも、な推理小説が好きで、こういう社会派の推理小説はあまり読まなかったからなー…。

 

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

 

 

20年以上経って、そろそろ地味目で難しい展開にも耐えうるおっさんになったので、ようやく読破しました。

 

いやー、面白かったです。

早く読んでおけば良かった…ではないですけどね。

このトシでようやく、登場人物(特に中年)のペーソスがわかるようになってきたので、その意味ではちょうど良かったのかもしれない。

 

それにしても読ませ方、展開が上手いなあ…と思いました。

下手なホラー小説よりよほど怖いんですよね。

特に真犯人の描写は、同作者の『模倣犯』より、地味だけど怖いです。

さすがベストセラー作家、才能が違いすぎる…と思いました。