みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

赤川次郎の幽霊列車

ファミコンの、ややプレミアソフト「赤川次郎の幽霊列車」(中古で5000円くらい)、実は2年くらい前に購入して積んでました。

1991年にキングレコードから発売されました。

わたせせいぞう氏が原画を書いていたのが有名です。

 

開始してみると、文字では伝わりませんが、BGMがドラクエⅣっぽい(笑)。

音楽はすぎやまこういち氏です。

時期的にドラクエⅣと近いですからね。何か第2章(おてんば姫の冒険)で流れそうな軽快な曲が多い。

 

 

f:id:sakyuutarou:20210411105313j:plain

 

これはオープニングの一場面。

わたせせいぞう氏のイラスト特有の、カラフルかつ爽やかな色遣いがファミコンと合ってます。

 

舞台は山間の小さな温泉町、消えた乗客たちの謎を追う物語です。

ゲームとしては、マップ内をある程度散策できるものの、基本はいろいろ調べてヒントを見つけたら次に、という感じですね。

ファミコン晩期のゲームですから初期のゲームほどの理不尽さはないものの、現代のゲームからすればちょっと難しいかな。

何とか自力でクリアしてみたいですが、どうなるか。