みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

じゅうべえくえすと その1

自粛巣ごもり用のゲームとしてこれを買ってました、ナムコの「じゅうべえくえすと」。1991年のファミコンソフト。

ニコニコ動画RTA界隈では有名な作品です。

 

 

じゅうべえくえすと

じゅうべえくえすと

  • 発売日: 1991/01/04
  • メディア: Video Game
 

 

貝獣物語」と同じバースディという開発会社の作品で、発売はナムコからです。

冒険の行く先々で仲間が助けに来てくれる「助っ人」システムなど、スーパーファミコンの「大貝獣物語」(良作です)の萌芽が見えます。

舞台設定は和風SFですが(その意味では和風に現代風パロディを取り入れた「桃太郎伝説」とかぶる)、「貝獣物語1.5」とか「貝獣物語外伝」という感じもしますね。

 

ゲームのほうは…、ニコニコ動画で有名な某兄貴のRTA(リアル・タイムアタック)動画を見てたので覚悟はしていましたが、今のところ案外良いゲームバランスです。

きちんとレベル上げして武器防具も強いものを買えば何とかなるので、まだ理不尽という場面には出会っていない。たぶん速解き(タイムアタック)しようとすると大変なんでしょうけどね。

事前に覚悟していたのと、あとは終盤の難度が明らかに理不尽な「貝獣物語」を遊んだ直後だからそう思うのかもしれませんが。

 

まあ、「助っ人」ジロキチを呼んでワナ解除しようとしたのに失敗して城の外(ダンジョンのスタート地点)に戻されたときは閉口しましたけどね。しかも2連続。

どこでもセーブできるからいいでしょ?という製作者の声が聞こえてきそうですが、なるべくリセットボタンを押さないように心掛けているので失敗するたび普通に城内への突入を繰り返しています。

 

まあ暇つぶしにはいいかな。

もう少し遊んでみます。

明日から時間はまた豊富にありそうだし。