みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

じゅうべえくえすと その5

日曜で、まただいぶ進めました(暇人?)。 

しかし敵バランスがやはり一部おかしい…。

いや、おかしいのではなくて一部、意図的に敵が強すぎるのか。

 

じゅうべえくえすと

じゅうべえくえすと

  • 発売日: 1991/01/04
  • メディア: Video Game
 

 

本編の他に仲間加入のためのミニストーリーがあるのですよ(本当に壮大)。

この、ミニストーリーの各ラスト付近で登場する敵の一部が異常に強い。

十分鍛えていても、まともに戦うと半分くらいの確率で全滅するので逃げるに如かず。

しかし逃げの成功率も高くはないので、やむを得ず何度かリセットしました。

逃げ失敗からのリセットにはトラウマがあるので(下記参照)、恐る恐るですが。

 

貝獣物語 その2(データ消失の巻) - みちのく砂丘Ⅱ

 

強い敵はたくさんいますが、ブルーウルフ、ブルーザウルス、キルスライダー。

この3体は、ぱっと思い出せるくらい強かった。

いずれも終盤の敵ではないのですが、そのダンジョンに行く平均レベルを考えると強すぎる、というやつですね。ドラゴンクエストⅥのヘルビーストのような。

 

特にキルスライダーはプレイヤー(当時の小学生あたりを想定)を泣かしてやろうと思って作ったんじゃないかと思うほどの強さです。

高い攻撃力からの2回攻撃、カエンマ(全体攻撃)、ララバイ(睡眠)。

1体なら勝てますが2体出現だとかなり厳しい。

小学生時代なら投げ出してたかもしれないですね。

今だと、昔懐かしい強さですけども。

 

何だかんだ言いつつ終盤近くに来てる気がするので、データ消失しないことを祈りつつ進めてます。