みちのく砂丘Ⅱ

仕事とあまり関係ないことについて書きます。

神仙伝

最近、auのスマートパスプレミアムでクラシックゲームが遊べるようになっています。

ファミコンやスーパーファミコン、メガドライブのゲーム等ですね。

 

先に悪い点を上げておくと、ゲームデータをスマホに落とすダウンロード式ではなくてブラウザゲーム(ゲームデータ本体はネット上にある)的な形式であるため、通信しながら遊ぶことになるので、アプリと比べて接続しづらく、かつ音飛びがしまくることです。

 

良い点としては、ラインナップ。

メジャーなメーカー(任天堂、カプコン、スクウェア、コナミ等)のメジャーなゲームもありますが、基本的にはタイトー、アイレム、サンソフトなどの、「準メジャー」から「ややマイナー」なメーカーの、同じくややマイナーなゲームが多いことです。

レトロゲーマーからすると、中古市場でレア化して高騰してるゲームもあるので、けっこう攻めたラインナップになってますね。

 

さて、そんなわけでアイレムの「神仙伝」。 1989年のファミコンソフトです。

スタイルとしては当時流行っていたドラクエ式のRPGです。

ドラクエⅢが出たあたりからスーパーファミコンの時代まで、ずっとRPGが家庭用ゲームの一番人気でしたね。

 

画面はこんな感じ(公式でスクリーンショットが撮影できます)。

 

f:id:sakyuutarou:20210611014717p:plain

 

 

音は、そもそも別のゲーム動画とか見ながら暇つぶしに遊ぶので、そんなに気にならないです。

事前に情報は得ていたのですが、エンカウントが多い。敵が強い。

まあ「ライトファンタジー」よりはましですが。

とはいえ、やはり厳しめではあるので、暇なときにもうちょっと進めてみようかなと。